南フランスの観光スポットをご案内します。


旧市街は、古代から現代に至るまで、マルセイユの最も古い建物が残されています。昔ながらの家々が建ち並び、細く曲がりくねった狭い路地が残る、庶民的なパニエ(Le Panier)地区は、多くの移民の人々が生活をしていました。旧港(Vieux Port)は、19世紀までマルセイユの商業港として繁栄しました。現在では、ポカイア人の街、そして地中海の最も美しい眺望を楽しめる場所です。