南フランスの観光スポットをご案内します。


アンリ・マティスは、1917年に初めてニースを訪れました。まばゆいばかりに光輝く太陽に魅了され、間もなくシミエの丘に居を構えました。マティスが寄贈した多くの作品から、彼の芸術の歩みを知ることができます。美術館には、絵画、デッサン、彫刻、グワッシュなどの作品が展示され、その中には1952年に描かれた“ブルー・ヌードIV”や、絵画の表現の方法が変化した時期をあらわす“ オダリスク”の連作も見られます。
詳細

開館日、時間:10:00〜18:00 
休館日:火曜日、12月25日、1月1日、5月1日、イースターの日曜日