南フランスの観光スポットをご案内します。


1925年、ニース市は、ウクライナの女王エリザベス・コチュベによって、1878年に建造させた別荘を購入しました。建物は見事に修復されボー・ザール・ジュール・シュレ美術館(Musée des Beaux-Arts)として生まれ変わりました。ドガ、ブーダン、モネ、シスレーなどの印象派の作品が並び、ラウル・デュフィーの作品も数多く展示されています。さらに、カルポーのコレクションは、フランスで第4の規模を誇ります。
詳細

開館日、時間:毎日 10:00〜18:00 
休館日:月曜日、1月1日、イースターの日曜日、5月1日、12月25日