南フランスの観光スポットをご案内します。


小さな中世の街オーバーニュは、ローマ時代から、レンガ、瓦、タイルなどが作られる、陶芸の盛んな街として有名です。20世紀に入ると、サントン人形(Santon)と呼ばれる、プロヴァンス地方の伝統的な粘土工芸が始まりました。テレーズ・ヌヴーの粘土のアトリエで、歴史を見学できます。旧市街の伝統的な色で修復された家のファサードも、一見の価値があります。小説家、マルセル・パニョルの故郷もオーバーニュで、彼の生家には、幼少時代の思い出が展示されています。
詳細