パリの観光スポットをご案内します。地図上のアイコンをクリックすると、パリのコンコルドホテルと、観光スポットをご覧いただけます。金色部分をクリックすると、詳しい情報が表示されます。


コンコルド広場

シャンゼリゼの終着点にあるコンコルド広場は、パリで最大の広場です。広場の中心には、1829年にエジプト総督からフランスに贈られた、3,300年の歴史を持つエジプトのオベリスクがあります。広場の周辺には、チュイルリー庭園( Tuileries Gardens )やコンコルド橋 ( Concorde Bridge )、有名なホテル・ド・クリヨン (  Hotel de Crillon ))など、パリを代表するランドマークが数多くあります。最初は、ルイ15世広場 (  Place Louis XV )と呼ばれていたこの広場は、当時の大建築家アンジュ・ジャック・ガブリエル( Ange-Jacques Gabriel )が設計し、完成までに9年を要しました。広場には、1754年に王に贈られたルイ15世の彫像が、輝いています。現在のコンコルド広場は、交通量の多い大交差点でありながらも、パリの歴史を語る最も重要な広場です。