パリの観光スポットをご案内します。地図上のアイコンをクリックすると、パリのコンコルドホテルと、観光スポットをご覧いただけます。金色部分をクリックすると、詳しい情報が表示されます。



ノートルダム寺院

豪華なゴシック様式の大聖堂は、パリのシテ島( Ile de la Cite )にあります。建築工事は1163年に開始しましたが、1361年まで完成しませんでした。フランス革命後、廃墟となりましたが、1831年、ヴィクトル・ユーゴー( Victor Hugo )の小説「ノートルダムのせむし男」( The Hunchback of Nortre Dame )の成功により、美しい姿をとり戻しました。何度も大規模な修復と改築が行われ、建築家ウジン・ヴィオレ公爵( Eugene Voillet -le Duc )による、ガーゴイルや尖塔、彫像などの傑作を保存しています。 ノートルダムは、現在ローマ大聖教の下、パリの大司教の座にあります。ファサード、南北にあるステンドグラスのバラ窓、パイプオルガンなどが美しい大聖堂は、ユネスコの世界遺産、そしてパリを代表する重要な建築物に指定されています。 
開館時間:
毎日 午前7:45 ~ 午後6:45
ミサや礼拝の時間には、見学出来ない場合があります。