パリの観光スポットをご案内します。地図上のアイコンをクリックすると、パリのコンコルドホテルと、観光スポットをご覧いただけます。金色部分をクリックすると、詳しい情報が表示されます。



グラン・パレとプティ・パレ

1900年、パリ万国博覧会のために建てられたグラン・パレは、美しいドーム型のガラス屋根とクラシックなファサード、アール・ヌーボーの装飾が施された、展示館です。プティ・パレも同様に印象的な建物で、現在は、ルネッサンスから1920年代までの時代の絵画コレクションを展示する、パリ市立美術館となっています。モネ( Monet )、ブーダン( Boudin )とルノワール( Renoir )、セザンヌ( Cezanne )、マネ( Manet )を展示しており、アール・ヌーボーのアンティック・ジュエリー、18世紀の家具、マドレーヌ教会( Madeleine church )をモデルにした19世紀の漆喰、1830年から1840年にかけて続いた、革命家によるパリの市街戦を描いた巨大な油絵などのコレクションが特徴です。